激安・特価・価格比較情報の壺
【お知らせ】

激安・特価・価格比較情報の壺では激安通販おける価格を
比較、評価、調査したり
購入ガイドや用語集のほかに
格安通販や特価通販、商品在庫や予約状況
人気/ヒット商品ランキングに関する情報がそろっています。
それでは賢くオンラインショッピングを楽しんでください。






【最新記事 20件】

うぅ~
ページのデザインがちょっと不評だったので、本日もとに戻しました。 何かいいのないかなぁ。

ん~むずかしい~
当ブログのデザイン(テンプレートというらしいのですが)をもっとかっこいいものに変えたいと思い、いろいろと調べていますが、ん~むずかしい。MT対応にしないといけないのだろうか???設置ってどうやるのだろう???いままでの記事とか消えないのか???ん~わからない。様変わりするにはもう少し時間がかかりそうです。

いざ、オープン!!
本日ついにオープンしました。 勉強しながら少しずつ充実させていきます。どうぞよろしく!!

ロレックスの歴史
1905年 創業者であるハンス・ウィルスドルフは、24歳の時にロレックスの前身であるウィルスドルフ&デイビス社をロンドンのハットン・ガーデン83番地に構え、時計輸入を開始。 1908年 「ROLEX」という商品名(ブランド名)がラ・ショードフォンで商標登録され、時計の製造をはじめる。ROLEXのロゴはハンス・ウィルスドルフが英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、どこの国の言葉でも同じ発音になるようにと作った造語。 1912年 スイスのビエンヌに事務所を移す。 1926年 スイス連邦著作権局にてオイスターケースの特許を取得。 1927年 ねじ込みリューズをイギリスにて特許取得。 1927年 ロレックスとのタイアップにより世界初の完全防水時計ロレックスオイスタークッションを腕にはめたロンドンの速記者メルセデス・グライツがドーバー海峡を泳ぐ。 1931年 360度回転自動巻き機構パーペチュアルを開発。 1936年 イギリスのジョージ5世の王位25周年を記念として500個の受注を受ける。 1939年 オイスタークロノグラフ登場。 1945年 世界で始めての日付付き腕時計デイトとデイトジャストを発売。 1953年 エクスプローラー(探険家)発売。50m防水。エベレスト登頂のために作られた時計。 1953年 サブマリーナー発売。100m防水(当時のオイスターは50m防水) 1954年 GMTマスター発売 1954年 サブマリーナーが200m防水に。 1956年 デイデイト発売。 1960年 創業者ハンス・ウィルスドルフ80歳で死去。 1961年 オイスター・クロノグラフ発売。 1963年 スペースドゥエラー発売。 1969年 サブマリーナーに日付のついたサブマリーナーデイト発売。200m防水 1971年 シードゥエラー(海の居住者)2000発売。ロレックスが特許をとったヘリウム排出バルブを装備している。610m防水。 1872年 エクスプローラーⅡ発売。24時間計が装備されている。デイト表示も追加。 1976年 イスター・コスモグラフにスクリュー・ダウン・プッシュボタンを採用。 1977年 日付早送り機構のキャリパー3035発売。 1978年 オイスター・クォーツ発売。50m防水、1000エルステッド耐磁。 1980年 シードゥエラー4000発売。1220m防水。プロダイバーのために考案されたモデル。 1983年 GMTマスターⅡ発売。短針早送り機能を装備。 1984年 サブマリーナーが300m防水にスペックアップし、サファイアガラスを採用。 1988年 オイスター・コスモグラフ・デイトナ発売。 1990年 エクスプローラーⅡモデルチェンジ。デザインが一新され短針早送り機能を追加された。 1991年 エクスプローラーⅡのセカンドモデルRef.16550発売。 1992年 ヨットマスター発売。 スポーティさとエレガントを兼ね備えるモデル。現在でも唯一レディースとボーイズの製造されているスポーツモデル。 1999年 ヨットマスター・ロレジウム発売 2000年代 GMTマスターⅠ製造中止。それに伴いGMTマスターⅡのベゼルに青/赤のツートンとブラックが追加。デイトナモデルチェンジ自社開発のCal.4130を採用。このモデルチェンジによりロレックスの全てのムーブメントが自社オリジナル製になる。 ロレックスは、デザインから製造までを通じて、あらゆるレベルで一貫した品質管理手順が実施され、素材、部品、機構は最高レベルに維持。過酷な条件下での使用に耐えるように作られているところなど、多くの人々を今も魅了し続けている。

フランクミューラーの歴史
1991年 フランクミューラーがスイスのジャントゥで設立したブランドです。 しかし、正式なブランドになる前からフランクミューラーの時計は存在し、多くの時計マニアを魅了していました。 1958年 スイスのヌーシャテル州ラ・ショー・ド・フォンに生まれ。幼い頃よりイタリア人の母から美に対する審美眼を学んでいたため精密な機械仕掛けの素晴らしさを理解しながら育ちました。10代半ばでマイクロ工学学位を取得しましたが、工学博士の道を辞めジュネーブの時計学校へ時計職人の道を選ぶことになります。 フランクミューラーは時計学校の3年ある過程を1年で修得し創設以来もっとも優秀な成績で卒業しました。 卒業制作では通常の3針時計に永久カレンダーを組み込むという離れ業を成し遂げました。そのため、彼の天才的才能を聞きつけた、時計コレクター達からの注文が殺到しました。 1986年には、世界初の「フリー・オシレーション・トゥールビヨン・ジャンピングアワー付きのレギュレーター・タイプ文字盤」を製作。1989年には2年かけて世界初の「リバース・トゥールビヨン・ミニッツリピーター・パーペチュアルカレンダー」、1990年には「スプリットセコンド・クロノグラフ・トゥールビヨン」を完成させ、「20世紀の天才時計師」と呼ばれるようになったのです。ブランドを立ち上げた1991年にも、世界初の「ダブルフェイス・モノプレッシャー・クロノグラフ・ワールドタイム」を制作しました。その後も躍進を続け、ブレゲの再来とも呼ばれ、1995年にはウォッチランドと呼ばれる新工房を設立します。ウォッチランドは、小さな城を修復した建物で、毎年の発表を行う場所としても有名です。 クオーツの時代に入り、メカニカルウォッチが色褪せていくかに見えた時代にフランクミューラーはアンティークウォッチの復興で世界的な名声を得ました。 高精度時計の製造にこだわるだけでなく、優雅な曲線、繊細なイングレーヴィングなど独創的なデザインの文字盤によって、今やアーティストとしても世界中から注目を集めています。

オメガの歴史
1848年、6月スイスのラ・ショー・ド・フォンに、弱冠23歳のルイ・ブランが懐中時計の組み立て工房を開いた。 1877年、ルイ・ブランが息子ルイ・ポールと共に「ルイ・ブラン&フィルズ」社設立。 1879年、ルイ・ブラン死去。ルイ・ブランの三男セザールが経営に参加。 1880年、ルイ・ポールとセザールは工場をビエンヌに移転し機械製作による部品作りから組み立てまでを一貫して行える体制を作り生産拡大。 機械式シリンダー・エスケープメントのキャリバーを発表。 1889年、従業員600人、年間製造個数10万本というスイス最大の時計メーカーに成長した。 1894年、「これ以上の到達は不可能、最高、完成」を意味する「Ω(オメガ)」の名前を持つムーブメントが誕生。のちに社名となる。 1900年、オメガ初の腕時計を発表。 1932年、オメガ時計の精度が評価され、ロサンジェルス・オリンピックの公式タイムキーパーに選ばれる。 シーマスターの前身「マリーン」発表。 1942年、初の自動巻き時計を発表。 1948年、「シーマスター」発売。 1952年、自動巻クロノメーター「コンステレーション」発売。 オリンピック・クロス・オブ・メリット賞を受賞。 1957年、「スピードマスター」が登場。 1964年、NASAが宇宙空間における時計の過酷な耐久テストを開始する。 1965年、NASAのテストに「オメガ・スピードマスター」が唯一合格し選ばれる。公式クロノグラフとなる。 1967年、「デ・ビル」シリーズの誕生 1969年、アポロ11号の月着陸成功により、「スピードマスター」は、人類と共に初めて月面への一歩を踏み出した。 1970年、「シーマスター600」登場。 深海探査のヤヌス計画で「シーマスター」が耐水圧記録樹立。 トラブルに見舞われたアポロ13号の地球帰還への重要な役割を果たし、NASAの栄誉ある「スヌーピー・アワード」を受賞。 1974年、「メガ・クォーツ2400」が腕時計で初のマリンクロノメーター認定。 1975年、アポロ=ソユーズ合同のスペースランデヴー計画で、アメリカ・ソ連の宇宙飛行士がそろって「スピードマスター」を使用。 1978年、スペースシャトル計画の公式腕時計に「スピードマスター」が認定される。 1988年、オメガ、フランスの海底探査計画ファレ・ミッションに参加する。 「シーマスター・プロフェッショナル200」を発表。 1989年、ソ連、「スピードマスター」を宇宙飛行士の公式時計に採用 1992年、現モデルである「シーマスター120」を発売。 1993年、300メートル防水クロノグラフ・クロノメーター「シーマスター・プロフェッショナル・ダイバー・クロノグラフ300」発売。 ローラン・スペッケールが「シーマスター」を腕に、湖水で水深80メートルのダイブの記録樹立する。 1994年、「デ・ビル プレステージ」を発表。 オメガの歴史は精度追及の歴史ともいわれています。 オリンピックの公式計時は、そうしたオメガの歩みを象徴するテーマの一つです。 1932年のロサンジェルス大会以来、オメガは実に20を超える大会で公式計時を担当し、 その間、1946年にはスターターピストルと写真判定を、1952年のヘルシンキ大会では史上初の電子計測を実現。 さらに1961年にはオメガスコープを開発し、1982年、アテネのオリンピック競技場に22×9mの巨大なスコアボードを設置するなど、 オリンピック計時の進化に劇的な役割を果たしてきました。

D&Gの歴史
1985年、ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガバーナがミラノにデビュー 彼らが注目を集めるのは1985年、ミラノのファッションショーでレディースコレクションを発表する所から始まります。このコレクション発表は、『モードに新しい風が吹いた』と言われる程の評判を得、『モード界の新しい才能』としても認められ、一躍世界中から注目されるTOPデザイナーへの道を駆け上ります。 1987年 ニットウエアコレクションが発表されます。 1989年 ビーチウェアとランジェリーを発表されます。 1990年 メンズウエアを発表されます。この時期に日本へ上陸し、その後アメリカ・ニューヨークで大ブレイク!!! 1991年 「Woolmark Award」を受賞しました。 1992年 レディース用フレグランス(香水)が発表されます。 1993年に「Best Feminine Fragrance of the Year」を受賞し、マドンナのワールドツアー「The Girlie Show」で1500点ものデザインがマドンナに提出される。あまりにも有名な話だが、これ以来マドンナはDOLUCE&GABBANAの大ファンになった。 1994年 メンズ用のフレグランスを発表される。 1995年 「Best Masculine Fragrance of the Year」を受賞します。 「DOLUCE&GABBANA」のディフュージョンブランド(お手頃な価格の若者向けライン=セカンドブランド)の「D&G」を発表される。 1999年 ホイットニー・ヒューストンのワールドツアー独占しました。 2000年 マドンナのCDアルバムの衣装を担当しました。 2001年3月「DOLUCE&GABBANA」のディフュージョンブランドの『D&G』の、更なるカジュアルラインであるディフュージョンブランド『&(アンド) ドルチェ&ガッバーナ』が発表されました

カルティエの歴史
1847年、金細工師を父に持つルイ フランソワ カルティエが、宝石商で師匠のアドルフ ピカールから、パリ、モントルゲイユ街31番地のアトリエを譲り受ける。メゾンカルティエの誕生です。 1856年、大のカルティエびいきだった皇帝ナポレオン3世の従妹マチルド皇女が初めてカルティエを訪れ、夜ごと開かれる華やかな舞踏会の為の宝飾品を買い求める。 1859年、カルティエ、イタリアン大通り9番地に進出。 1874年、伝統を樹立する為2代目アルフレッド・カルティエが父から経営権を受け継ぎ店の経営を任される。 1888年、 最初のブレスレッド ジュエリー ウォッチを製作。 1898年、 アルフレッドの長男ルイ・ジョゼフ・カルティエ(1875-1942)が共同経営者となり、社名をアルフレッド・カルティエ・&フィスと命名しました。翌年新しい世紀の到来に向けてリュ・ド・ラ・ぺ13通りへの移転を決めました。 1902年、 カルティエ ロンドンがオープン。ロンドンで行われるエドワード7世の戴冠式のための王冠と、列席する世界中の王室から27ものティアラの注文を受けていたのです。 1904年、ルイ カルティエは友人である当時飛行家として一世を風扉していたブラジル人飛行士アルベルト サントス デュモンの「飛行機の操縦桿から手を離さずに見ることのできる時計が欲しい」というリクエストのためにレザーストラップ腕時計を製作。完成した時計は、とてもエレガントでありながら実用的。これがカルティエ初の男性用腕時計です。後の1911年、このモデルは「サントス デュモン」として発売されました。 同年ルイ フランソワ カルティエ死去。 1906年、 ジャック カルティエ、ロンドン店の経営者となる。抽象的、幾何学デザインの「アールデコ」ジュエリーを試作。初の量産型腕時計、ブレスレッド・ウォッチ「トノー」を製作。 1908年、ルイがパリのオークションで買い上げたブルーダイヤモンド「ホープ」をピエール・カルティエが販売。「C」を組み合わせたロゴマークが誕生する。 1911年、1904年の友人のために製作したモデルを原型にした腕時計「サントス・デュモン」を発表。 1912年、 パリ市議会、カルティエの「皇帝の卵」を皇帝ニコラス2世に贈呈(現在はニューヨークのメトロポリタン美術館に収蔵されている)。最初のバケットカットのダイヤモンド創作。「コメット」クロックの発売。 1913年、28歳の天才時計師、モーリス・クーエが初のミステリークロック「モデルA」を発表。水晶の中に文字盤が浮いているように見えるため、この名がある。 1914年、 パンテール(豹)モチーフを初めて採用。当時の女性ディレクター、ジャンヌ・トゥーサンのあだ名がパンテールだったことによる。パヴェ ダイヤモンドとオニキスのパンテールがベゼルを飾る婦人用オーバル ブレスレット ウォッチを製作。 1917年、ピエール カルティエが55個と73個の2連真珠ネックレスをモートン F.プラント邸と交換したことによりカルティエ ニューヨーク店は5番街653番地に移転。 1919年、 腕時計「タンク」を発表。 1923年、門形ミステリークロック「ビリケン」誕生。 1924年、トリ二ティリング、いわゆる3連リングが誕生。ルイ・カルティエは、優れた詩人であり芸術家であるジャン・コクトーを称えてリングをデザインしました。それは、友情を表すホワイト、忠誠を表すイエロー、愛情を表すピンクとそれぞれ異なる色のゴールドを組み合わせ土星をモチーフに作られています。永遠の愛のシンポルであるカルティエ スリーゴールドの誕生です。 1925年、アルフレッド カルティエ死去。 1929年、カルティエ、サンモリッツに支店を開設。 1931年、グラモン公爵のために、初めてアカデミーフランセーズ会員の剣を製作。「ミステリー懐中時計」を発表。 1933年、 ジャンヌ トゥーサンがカルティエ高級宝飾部門の全権を委任。見えないセッティング(通称 "ミステリーセッテイング")の特許権取得。 1942年、ルイ カルティエ死去。同年ジャック カルティエ死去。 1945年、ピエール カルティエがカルティエ パリとカルティエ ニューヨークの社長に就任。ジャックの息子のジャン ジャック カルティエがカルティエ ロンドンを経営。 1948年、ルイの息子、クロード カルティエが、パリに戻った祖父のピエールからカルティエ ニューヨークの社長を引き継ぐ。 1955年、 ジャン コクトーのために、彼自身のデザインによるアカデミー フランセーズ会員の剣を製作。 1965年、ピエール カルティエ死去。 1967年、次々と新しいスタイルが生まれます。ロンドンのアトリエでは事故で大きく損傷してしまった腕時計からインスピレーションを得て、クラッシュウォッチが創作されました。変形したケースが目を引くこの腕時計は、今日、時計コレクターの垂涎の的になっています。 1968年、カルティエ ブランド初のオーバル型高級ライター(収納式ローラー)の誕生。 1970年、大ブームを起こし、すでに定番にもなっている、ビスで留められている「ラブブレスレット」や「ラブリング」が若きデザイナー、アルド・チプロによりカルティエニューヨークの為に作られました。 1972年、ジョゼフ カヌイを中心とする投資家グループがカルティエ パリを買取り、ロベール オックがカルティエ パリの社長に就任。カルティエ各店および代理店を通じて売る時計のニューコレクションを発表。 1973年、新コンセプト「レ マスト ドウ カルティエ」を発案推進したアラン・ドミニク・ベランは、伝統あるメゾン、カルティエに若さとモダニズムの息吹を吹き込み、以後カルティエに多大な影響を与えています。 同年ビアリッツとシンガポールに最初の「レ マスト ドゥ カルティエ」ブティックがオープン。 1976年、「レ マスト ドゥ カルティエ」ラインのヴェルメイユ腕時計のコレクションの発表。オーバルペン(楕円形万年筆)を発表。 1978年、スティール&ゴールドの腕時計「サントス」を発表。カルティエ スカーフ初のコレクションを発表。 1982年、ミシュリーヌ カヌイが宝飾部門の責任者となり「カルティエの芸術」をテーマとする彼女の最初のニュージュエリー コレクションを発表。 1985年、1943年の防水腕時計にヒントをえた腕時計「パシャ」を発表。 1986年、「パンテール」をテーマとする第3回ニュージュエリー コレクションを発表。 腕時計「マスト 21 ヴァンテアン」(オール スティール)を発表。 万年筆「パシャ ドゥ カルティエ」を発表。 1993年、10月23日カルティエ、ピアジェ、ボーム&メルシエ、ダンヒル、モンブラン、クロエ、カール ラガーフェルド、スルカ、ハケット、シーガーが参加するヴァンドーム グループ設立。 クロノリフレックス ムーブメント ウォツチ「パシャ、クーガー ドゥ カルティエ、ディアボロ」を発表。「マスト・ウォッチ」と「エリプス」リングを創作。 パステル調のクロコダイルの「ミニ パンテール ドゥ カルティエ バッグ」を発表。 1994年、ジュエリーのニューコレクション、「ゴールド チャーム」。アールデコ、サンペテルスブルグ、パールをテーマにした3つのジュエリー ウォッチ コレクション。ジュエリー「ナチュラ」コレクションを発表。 サントス デュモン ウォッチの90周年を記念して、プラチナとピンク ゴールドの限定版サントス デュモンを製作。男性用レザーグッズコレクション「ゴールド オン ブラック」を発表。 1995年、ウォッチのニューコレクション、「パシャ」と「パシャC」を発表。万年筆「ルイ カルティエ」を発表。 パルファン「ソー プリティ ドゥ カルティエ」を発表。 1996年、ウォッチのニューコレクション、「タンク フランセーズ」を発表。 1997年、カルティエは創業150周年を迎える。ブレスレット「アニバーサリー」発表。 2002年、新作時計「ロードスター」発表。

エルメスの歴史
1837年、当時36歳だった馬具職人のティエリ・エルメスがパリ、ランパール通りに高級馬具のアトリエを開いた。エルメスの輝かしい歴史の幕開けである。 1880年には2代目のシャルル・エミールが現在エルメス本店のあるフォーブル・サントノーレに 移転。製造、卸だけでなく、直接販売を始めた。 1900年代、時代を見越したエルメスは事業を多角化し、3代目のエミール・モーリスは1903年にアメリカでフォードが自動車 の大量生産を開始したことから、馬車の時代が去り、自動車の時代が来る事を確信し、ライフスタイルもファッションも行動的になった女性たちに注目し、革のバッグやベルト、財布などの製作を始める。   1930年代までにはエルメスは革製品にとどまらず、時計、宝飾品、フレグランス、ウェア、食器など様々な分野にも進出、市場も世界中に広がっていった。 その後もクリスタルのサン・ルイ、靴のジョン・ロブなど有名なメーカーとの合併吸収も積極的に行っている。これは事業の拡大というよりも失われていく伝統を守りたいという、職人芸を何よりも大切にしてきたエルメス・スピリットの表れといえるだろう。それが、世界の王侯貴族をはじめ、あらゆる人々に愛されるエルメスの魅力である。 エルメスのバッグはすべて一人の職人により作られます。 縫製はクウジュ・セリエという手法を用い、1本の糸の両端に針を通し革に打たれた縫い目の両側から糸をクロスさせて縫っていくため多大な手間と熟練を要します。また、エルメスのバッグには、必ず製造刻印が入っている。ケリーやバーキンなら、クローシェの裏側に刻印されていて、四角のアルファベッドが製造年を表しその他がアトリエと職人を表します。エルメスの効率よりも品質が優先する職人気質を最もよく表した部分と言えるだろう。

ティファニーの歴史
「A Life Time of Tiffany ~人生にティファニーを」のメッセージで知られるティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーは、1837年ブロードウェイ259番地に友人と共同でファンシーショップを開きます。ささやかなるティファニーの誕生です。 以後彼の才覚でショップは急成長し、19世紀中ごろにはヨーロッパの市民革命で国外に逃れようとしていたフランス貴族から格安でダイヤモンドを仕入れ、宝石商となるのです。 1851年からはジョン・ムーアを招いて銀細工製品も手掛けるようになります。ティファニーにシルバーアイテムが多いことの所以です。1886年には1粒のダイヤモンドを6本の立て爪で留める「ティファニーセッティング」が生み出され、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すスタイルが確立しました。 1950年代からはジーン・シュランバーゼやエルサ・ペレッティ、パロマ・ピカソなどのデザイナーとのダブルネームで次々と新作を発表。さらに1961年に公開された映画『ティファニーで朝食を』を機に「夢と希望と満足を」という創業者の託されたジュエリーが、幸せの象徴として今も多くの女性を魅了。そのデザインは、装飾的なヨーロッパジュエリーとは一線を画すモダンでチャーミングなラインです。 1853年にティファニー本店に備えつけられたアトラスクロックのアラビア数字からヒントを得たアトラスコレクションや、ペレッティが生み出したビーンやボーン、ティアドロップコレクション、ベビーに幸せを託すシルバーコレクションなど、ホスピタリティあふれるアイテムが今も様々なギフトとして愛されています。

プラダの歴史
プラダの創設者、マリオ・プラダがミラノのドゥオモ近くに革製品の店「プラダ兄弟商会」を開いたのは1913年。彼は世界中から最高の革や珍しい素材を集め、上流階級の人々にトランクやバッグを提供することで、次第に名声を手にしました。 しかし、彼が1958年に他界した後、プラダは時代の変化についていけず、全くの無名ブランドに凋落します。 そんなプラダを救ったのはマリオの孫娘、3代目のミウッチャ・プラダ。彼女は1970年代後半からプラダの経営とデザインに参加。マリオが旅行用のバッグに使用していた工業用防水ナイロン生地ポコノに目を向け、ポコノと革を併用したバッグを開発。これが世界的なセンセーションを巻き起こすほど大ヒットし、プラダ再躍進。 プラダはその後も次々と新しいアイデアのバッグを発表、1985年には靴、1989年にはウエアのコレクションをスタートさせ、さらなる躍進を読けています。

ルイヴィトンの歴史
旅行鞄メーカーとしてのルイ・ヴィトンの歴史が始まったのは、1837年。この年、地方から上京し、上級階級の人々の「荷造り職人」となったルイ・ヴィトンは、頑丈で美しい木箱を作る技術で次第に頭角を現わし、1854年にはパリに世界初の旅行鞄専門店を開業しました。 当初の製品はナチュラル・レザーやグレーのキャンバス地を使用したスーツケースで、その実用性とデザイン性はパリの人々に高く評価されていたといいます。 その後ルイ・ヴィトンは、97年に再び商品化された市松模様「ダミエ」を考案。そして、1896年、ジョルジュ・ヴィトンのアイデアで、「モノグラム」が誕生しました。茶色の地に、ベージュでLVのロゴと日本の家紋からヒントを得た花の略図をあしらったモノグラムの柄は、キャンバス地にコーティングを施した素材にプリントされ、このブランドのシンボルとなったのです。 それから90年後の1986年、麦の穂をデザイン化した型押し革による「エピ」を発表。1993年にはメンズ向けの「タイガ」、カーフを使った格式高い「オペラ」シリーズと、そのラインナップを確実に広げていきます。 そして1998年にマーク・ジェイコブスを迎えたルイ・ヴィトンは、新たなイメージを打ち出して多くの人々を驚かせました。中でも衝撃的だったのは、「ヴェルニ・シリーズ」の発表。エナメルのような光沢と息をのむほど鮮やかなカラーを持つヴェルニは、世界中で大ヒットし、新生ルイ・ヴィトンの誕生を多くの人々に印象づける結果となりました。

グッチの歴史
グッチの創業者グッチオ・グッチは、1922年、英国からの革製品の輸入・販売店をフィレンツェに開業。その店は順調に売上を伸ばし、翌年にはフィレンツェ伝統の職人技術による、ハンドメイドの高級革製品の店を開くことになりました。 当時の政情不安を背景に、グッチは何度か倒産の危機に見舞われますが、独自のアイデアで見事に乗り越えていきました。 1935年、国連による経済制裁で、イタリアは他国との貿易が禁止。皮革の入手が困難となったグッチの経営はたちまち危機に瀕しましたが、グッチオと彼の息子アルドは、確保していた原皮を減らさないように、皮革以外の素材をミックスして製品を作ることを考えました。この時に生まれたのが、竹と革を組み合わせた「バンブーバッグ」です。 そして1938年アルドは自社のバッグにマークを自らがデザインを引き、自分のイニシャルのGをふたつ組み合わせた、いわゆるGGマークを完成させたのです。 グッチオの死後、グッチはその息子や孫に受け継がれ、「ビットモカシン」や香水などの大ヒット商品を生み出しました。しかし、経営的な内部紛争が絶えず、企業改革に苦慮する日々が続きました。 しかしグッチは、90年代に入り抜本的な企業改革に着手。94年にはクリエイティブ・ディレクターとしてトム・フォードを迎え、伝統と歴史に現代的なトレンドをミックスした新しいブランドイメージを作り上げ、華々しいイノベーションを遂げたのです。

フェンディの歴史
ルネサンス時代から引き継いだ、イタリアならではの職人気質を守っているフェンディ・ファミリー。フェンディの歴史は1925年にエドアルドとアデーレのフェンディ夫妻が、ローマに革製品と毛皮を扱う小さなお店をオープンしたところから始まりました。 その頃アメリカでは、毛皮が大ブレイク中だったため、フェンディはアメリカに向けてクオリティの高い毛皮のコートを発表したところ注目を浴び、一躍名を広めたのです。 その後アデーレの5人の娘たちに経営が移行され、オートクチュール毛皮で得た名声をプレタポルテとして提供し、よりモード的に変化していきます。 そして1965年、当時「モード界の帝王」とその名を轟かせた、シャネルのデザイナーとしてもお馴染みのカール・ラガーフェルドをデザイナーとして迎え、今まで備わっていた伝統に斬新さを加えることに成功。その後も姉妹とラガーフェルドの協力により、フェンディは世界的に有名なブランドへと進化していったのです。 1997年にはフェンディ家の3代目にあたるシルビア・ベントゥリーニのデザインにより、バッグのバゲットシリーズがデビューして、世界中で大ブレイク。

クリスチャン・ディオールの歴史
芸術家を志していたクリスチャン・ディオールのファッションデザイナーとしてのデビューは意外に遅く、1946年40歳を迎えたときのこと。コットン王のマルセル・ブサックをスポンサーに、パリ・モンテニュー通り30番地に長年夢を見てきた「クリスチャン・ディオール・オートクチュール・メゾン」をオープンさせたのが始まり。翌年に初めてのコレクションを発表。細くくびれたウエスト、美しくシェイプされた豊かな胸、そしてたっぷりとしたロングスカートドレス…。モードの歴史を変えるほど衝撃的なデビューを飾りました。 後に雑誌「ハーパース・バザー」の編集長が「ニュールック」と命名。以来、Aライン、Yライン、Hライン、チューリップラインなど歴史に残るシルエットを次々に発表しつづけ、「モードの王」として君臨しました。 ファッション界にデビューした翌年、香水の分野にも進出。それまでの濃厚な香りではなく、斬新なフレッシュフローラルブーケの香水「ミスディオール」を発表。50年以上たっても色あせないモダンな香りは今でも人気があります。 絶頂期にあった1957年に、クリスチャン・ディオールは52歳の若さで心臓発作のため亡くなり、彼の右腕として活躍していたイヴ・サンローランがあとを継ぎました。 その後、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレと引き継がれ、1997年からはジョン・ガリアーノがデザイナーとして君臨しています。ガリアーノがデザインするディオールはドラマティック、フェミニン、そしてとてもロマンティック。

シャネルの歴史
ココ・シャネル、本名ガブリエル・シャネル。彼女は1883年8月19日にフランス南西部ソーミュールの救済病院で生まれました。その後、孤児院で恵まれない時代を過ごしますが、そのときに築かれた自立の精神「自由」が彼女の生涯を通じての信条となります。 ココとは彼女の愛称で、お針子として孤児院を出た後、踊り子を志して田舎町のキャバレーで踊っていたころにつけられた愛称です。その後、英国の青年実業家と知り合い、彼のバックアップを得て、1910年パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」なる帽子屋を開店しました。 飾りのないシンプルな帽子は人気となり、店は大成功を収めました。第一次世界大戦が始まると、南フランスの港町ドーヴィルに移り、パリから疎開してきた人向けに洋服を作り始めます。安いジャージ素材のシンプルで着心地がよく、むだのない服は大評判。「ハーパース・バザー」誌で取り上げられ、新時代のクチュリエ(オートクチュールのデザイナー)としての実力が認められました。 シャネルの斬新なアイデアは男の服装をヒントにしています。「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」シャネルがずっと感じていたことでした。英国紳士服の仕立てや素材の素晴らしさを女性の服に応用したのが有名なシャネルスーツです。ネイビーと白のマリンルックも水兵のユニホームがヒントになっています。これらシャネルの服作りに一貫している姿勢は、男に支配される女を徹底的に排除し、女のからだと心を解放しようとする新しい試しみでした。 ココが87歳で永眠した後を引き継いだのはカール・ラガーフェルド。ファッション界きっての才人といわれる彼は自分の名を冠したブランドをはじめフェンディやクロエのデザイナーとしても知られています。 シャネルのデザイナーとして、ココのポリシーである「古い価値観にとらわれない女性像」を守りつつ、新しいシャネルブランドを築いたのです。リッチなマダムの衣装というそれまでの固定観念を打ち破り、一気に若返らせたのも彼の手腕です。

ブルガリの歴史
ギリシャのカラリテス地方で、先祖代々の技術を受け継いだ銀細工師ソティオ・ブルガリ。彼が紛争の絶えないその街を出て、ローマのシスティーナ地方に店を構えたのが1884年のこと。ここに古代ローマとギリシャの文化が融合した、ブルガリジュエリーが誕生したのです。 その細工の妙は、同じ形のモチーフを精巧に重ねて壮大な建物に仕上げるというギリシャ建築の手法にヒントを得ており、カラーの豊富さは、彼のファッションへの造詣の深さと、斬新なセンスから生まれたものといえます。また、ペンダントヘッドのモチーフに多用されるゾディアック(星座)は、ギリシャ神話がそのルーツとなっています。歴史の素晴らしさを受け継ぎながら、それらをモダンなデザインにして蘇らせる…、それがブルガリスタイルといえるでしょう。 代表作としては、ゴールドやシルバーの素材をコイル状に巻くという工芸技術を用いたトウボガスラインや、蛇をモチーフにしたスネークリング、括弧をモチーフにしたパレンテシ、オニキスなどの宝石をはめ込んだブルガリ・ブルガリシリーズがあげられます。1999年には、ミレ二アムにふさわしいゴージャスなB-zero1、遊び心あふれるゴッチャやアストレアなどのラインも発表され、早くも世界の女性たちを魅了しています。 また、1977年に初めて発売されたブルガリ・ブルガリシリーズの時計も、その洗練されたデザイン力が高く評価され、20余年の間に時計のブランドとしても名を馳せるようになりました。最高級の素材をカジュアルに仕上げたソロテンポやアルミニウムは、セレブリティにも幅広く愛されています。







【関連記事】

激安・特価・価格比較情報の壺 - 特集記事総計 17 件
最新記事3件 - うぅ~ / ん~むずかしい~ / いざ、オープン!! / 続きを読む

ブランド・バッグ・エルメス - 特集記事総計 372 件
最新記事3件 - ケリー32 ドゥイッチ ルージュアッシュ / ケリー32 ヴァッシュ ブラック / ケリー32 ヴァッシュ ナチュラル(ベージュ) / 続きを読む

いろいろリンク集 - 特集記事総計 74 件
最新記事3件 - スーツ縫製工場佐田 / ジェイケイホーム和泉府中店 / ピタットハウス三国ヶ丘店ジェイケイホーム / 続きを読む

ブランド・時計・ロレックス - 特集記事総計 145 件
最新記事3件 - デイトジャスト 81338 / デイトジャスト 80339 / デイトジャスト 80319 / 続きを読む

ブランド・時計・オメガ - 特集記事総計 79 件
最新記事3件 - シーマスター アクアテラ クロノグラフ 2812.30.37 / シーマスター アクアテラ クロノグラフ 2512-50 251250 2512.50 / シーマスター アクアテラ クロノグラフ 2512-30 2512.30 / 続きを読む

注目度ナンバー1!!おすすめ情報! - 特集記事総計 1 件
最新記事3件 - □■秋太り解消!スポーツ&ダイエット特集■□ / 続きを読む

ブランド・時計・フランクミュラー - 特集記事総計 92 件
最新記事3件 - トノウ カーベックス 2500MCPD / トノウ カーベックス 2500QZD / トノウ カーベックス 5850SCD / 続きを読む

ブランド・バッグ・ルイ・ヴィトン - 特集記事総計 0 件
最新記事3件 - 続きを読む






【スマイル通販】ファッション・ブランド
ディスカウントなら【スマイル通販】!





相互リンクのお申し込み | 相互リンク集 | 運営者情報 | 相互リンク